日本全国まち歩紀:通洞駅(足尾廃墟巡り 番外編)
このまちを 歩いて 紀す まち歩紀

gooから移動中〜

2019年05月23日 22:49

通洞駅(足尾廃墟巡り 番外編)

ここで箸休め。

先ほどから通洞という言葉が出てきますが、地名と思いきや通洞駅のある住所は
栃木県日光市足尾町松原となっており、地名ではないのです。

IMG_4027


では何かというと、水平に掘られた坑道という意味でした。
つまり、銅山関係者はこの地を通洞と呼んでいたのでしょう。
旧足尾線(足尾鉄道。現在のわたらせ渓谷鉄道)は明治44年に銅山の貨物輸送を
目的に敷かれたものなので、銅山本位の名称がついても不思議ではありませんね。

IMG_4028


現在の駅舎はこのような感じで、「廃墟」の重々しさがまったく感じられない
作りになっていました(この駅は廃墟ではありませんので当然ですが)。



では、いよいよ足尾本山の方へ行ってみましょう。


コメントする

名前
 
  絵文字