2019年10月

2019年10月22日 10:40


動画更新しました!

 

2019年10月09日 00:59

群馬長野方面からニッチツ鉱山に向かう場合、埼玉県秩父郡小鹿野町国道299号線の志賀坂トンネル入口から森林管理道金山志賀坂線を使って山を超えて鉱山街に出るのが最短ですが、2019年10月初旬現在、長らく続いている通行止は解除されておりません。

IMG_6785
IMG_6788
IMG_6787

ニッチツ鉱山に向かう際は、秩父経由が無難だと思います。
またその際も出合トンネルというのがたまに通行止になるので、そちらは当サイトの別記事

http://まち歩紀.site/archives/19667577.html

に詳しく書いてあります。

森林管理道金山志賀坂線の通行情報はこちらで確認できます。



✴︎埼玉県秩父にあるニッチツ鉱山に向かう前に最低限チェックしておいてほしい道路状況確認サイトのリンクを下に書いておきます。

以前から気になっていた秩父の嶽集落、不気味な世界観のゲーム「サイレン」のモデルにもなっていました。

今回はこちらに行こうかなと思っていたのですが、地図で調べていたらもう一つ興味深い集落が…。

その名も小倉沢集落、別名ニッチツ社宅群。


まずニッチツというのは今も現存する会社で、その中の資源開発事業の部門が特に秩父鉱山と関係が深く、採掘・加工・販売まで手掛けています。
一昔前までこの事業に従事する方が、この鉱山の近辺にはたくさん居住していました。
その人たちが暮らした社宅や物品販売所(プチスーパー)、銭湯、集会所、映画館、学校等が廃墟となって立ち並んでいる。そんな場所がニッチツ鉱山廃墟群です。

さて、さっそく向かおうと思ったのですが、グーグルのレビューや今年に入って実際に行ってみたという人がちらほら「通行止めで炭鉱まで行けなかった」と書いていました。

それで、この通行止めってどこなのかと突き詰めると、
どうも「出合トンネル」というところのようです。
これです↓
IMG_6804
ここはトンネルの崩落や土砂崩れや雨などで閉鎖されやすく、ここを通らない場合、埼玉県秩父郡小鹿野町国道299号線の志賀坂トンネル入口付近から森林管理道金山志賀坂線を経由するのですが、こっちも土砂で通行止めのためお手上げになってしまいます。
これが「鉱山いけねぇーじゃん!」の全容となります。


実際、何時間も廃墟目指してやってきて近寄れなかったら、かなり痛手ですよね。

ということで、お出かけ前にこれだけは確認してください。

http://www.chichibu.ne.jp/~furemori/michijyouhou.htm
このページの下側 車道情報
県道210号線中津川三峰口停車場線
(出合トンネル~ニッチツ鉱山入口)
ここが通行可能かどうかが重要です。
(トンネルのコンディションや雨、土砂災害の恐れで閉鎖になります)

動画もぜひ!(簡易郵便局(閉鎖)〜第一倉庫まで撮影↓









2019年10月06日 12:42

アプデ解除のためにやるべきたった一つのこと。

皆さんランキング除外になり、アプデがあったのに復旧してないと絶望の顔に
なっている方もいらっしゃると思います。

しかし、以前の記事で紹介したように、除外がアプデ時に解除
されなくても、次のアプデを待つことなく、除外からマルチ可能な
状態に持っていけます。

実際私もアプデ時に除外が解除されず
「マルチできない」とへこんでいましたが、
あることをひたすらやっていたら、次のアプデを待たずに
除外から解除されました(ただ、シーズンランキングには参加できていなかったと思います)。

そのひたすらやっていたこととは、
バトルアリーナ参戦です。
フリバトもアプデ前に相当やっていましたが、
こちらではだめで、やはりバトアリがよさそうです。

アプデ時に解除されず、バトアリに5,6回行ってブロンズチップを
数枚開けた途端、除外が解除され、マルチ対戦が可能となりました。

このことから、バトアリでブロンズ開封が解除とは相当関係があると思います。





P1014116

P1014069


こちらは赤いレンガが映えてますが、完全なレンガ造りではないため、
崩落しつつあります。
P1014097

数年前に撮影した時より、当然崩れていますが、
それほど大きくは変わってないようです。

所有者としては、もはや用をなしてない施設ですから、
完全に更地にしてしまいたいのだと思いますが、
仮にこれを解体するとしたら、
立地的に廃材の運搬などを考えても
おそらく数千万単位の費用が必要なのではないでしょうか。

P1014091

P1014095

崩落した屋根や壁にの中で、唯一往時の機能に関係がありそうな
パーツです。

P1014080

レンガの質感は経年で一層味わい深くなりますね。
ここからさらに進んだところに細尾発電所があり、
そこは少し前まで間近で見学できたのですが、
近年接近が難しくなったようです。

P1014057

P1014050

廃墟は行ける時に見ておかないと、
永久に見られなくなる可能性もあります。
なにぶん観光用に作られたものではないので。

ちなみに、資料、後年と比較用に望遠ズームで
撮影した細部の記録もYoutubeにアップしておきます。




こちらは定点撮影。


廃墟の休日(特典なし) [Blu-ray]
安田顕
よしもとミュージックエンタテインメント
2015-12-02