日本全国まち歩紀:虫の味〜タランチュラってどんな味?〜YouTubeネタでアクセス爆増
このまちを 歩いて 紀す まち歩紀

gooから移動中〜

2020年05月17日 04:34

虫の味〜タランチュラってどんな味?〜YouTubeネタでアクセス爆増

日本での食虫文化といえば長野が有名です。
イナゴを代表格に蜂の子(黒スズメバチの幼虫)、ざざむし(水生昆虫の幼虫)等を佃煮にして食べます。
佃煮ですから虫本来の味わいはかなり弱くなり、かろうじて体表の舌触りに虫らしさを見出す程度だと思います。

何気に上記の「虫」は高級珍味として売られておりお値段も海苔やあさりの佃煮よりも高価です。

例えばこんなの↓


個人的に家で上品に食べるには上記のものでも十分良いと思いますが、せっかく虫を食べるならもっとムッシムッシしたやつの方が絵面がいいじゃないですか。

というのも虫を食べるってなんだかんだで日本では非日常、つまり「ネタ」として強いんです。SNS(YouTubeやTikTok等)でバズりたいなと思ったら、虫を一掴み用意して口に押し込む。
そのインパクトは大!

あとはリアクションさえ間違えなければいいネタになります。

料理に自信のある人はコオロギやワーム系(さなぎ、幼虫)を使ったレシピ動画を、レビュー系の方は足や頭、腹部をちぎり取ってムシャムシャ。これは引きが強い!

タランチュラ、スコーピオン(サソリ)等海外ではその味がよく知られているものもあります。それによるとタランチュラはエビやカニに似ているそうです…。

IMG_4504


あとは投稿者さんが覚悟を決めて口に運べるか否か。

そしてもう一つ!

その虫をどこで入手するか。
なかなかタランチュラやサソリってスーパーやコンビニでは売ってないじゃないですか。
自分で捕まえようにもタランチュラは日本に自生してなさそうだし、ペットショップで「これ食べれますか?」とか聞いても明らかに変な目で見られる可能性が。

そんな方のために、あるんです!
食用昆虫専門の通販店が!こちらは虫の「状態」例えば「姿」味付けあり、なし、塩、だったり、虫別で商品を検索できるので見ているだけでも楽しい!
↓↓↓↓↓

先日某有名雑貨店でコオロギを混ぜたせんべいが売り出されましたが、こちらのサイトを見ていると昆虫ってこんな食べ方もあるんだと驚きます。

個人的にインパクト大だったのはサソリが一匹浸かったウォッカ。こちらはお値段も手頃ですしインテリアにもいいかも。

見てるだけでも楽しいサイトなので是非チェックしてみてください!




コメントする

名前
 
  絵文字