沖縄歩紀

2019年05月22日 17:45

さて、沖縄空港は比較的コンパクトな作りで落ち着いて行動できる感じです。
 
沖縄の交通手段と言えばレンタカー。
今回はJTBさんのレンタカー付プランで取っていたので、
トヨタでコンパクトカーを一台借りました。
 
旅先でレンタカーがあるとロッカーがいらないので
お土産も買いやすいですね。
 
車に乗り込みどこに行こうかと考えていると、
まだ食事をしていないことに気付きました。
大通りをふらふら走っていると、
ラーメンや焼き肉の看板が出てきますが、
もう少し別のものを食べたいと思い、
さらに直進。
 
すると海沿いの観光センターのようなところを見つけました。
とりあえず寄ってみると隣に魚を扱うお店が何軒が入った建物を
見つけました。
お鮨や刺身が並んでいます。
美味しそうだし値段もお手頃だったので
一つ購入してみました。
 
IMG_4018

 
うにといくらにひかれて購入(600円)。
うにはこの辺でもとれるのか、
群馬あたりのちょっといいお店で食べるのと
同等かそれ以上の味でした。
いくらはやはりぷちぷち感が重要なので、
握ってから時間が経つと美味しさが半減しますね。
でも美味しかったです。
 
さて、旅に出ると気になるのが自販機のラインナップです笑
沖縄はだいたいこんな感じでした。
 
IMG_4019

 
霧の紅茶と言う聞きなれない紅茶シリーズもさることながら、
やはりシークワーサー系とさんぴん茶、コカではないコーラシリーズが気になります。
沖縄にはまだ数日滞在するので、とりあえず気になるシークワーサーソーダを飲んでみましょう。
 
IMG_4020

 
真夏ならまだしも秋も終わりに近かったので、
この容量は多少きついですが、味は非常に美味しく、
沖縄にいる間3回リピすることになりました笑
 
沖縄と言えばルートビアですが、これも道の駅で
後日おさえましたので、紹介したいと思います。

2018-12-23


沖縄と言ったら外せないのが美ら海水族館です。

チケットは券売機もあり、徒歩数分の所に立体駐車場もあるので
スムーズに利用できます。

入ってすぐにヒトデに触れるコーナーなどがあります。

やはりここを訪れる人が見たいのは、ジンベイザメでしょう。
体長8メートル程の魚類は他ではなかなか見られません。

この日は古宇利島に行く予定があったので、
二時間くらいしか滞在できなかったのですが、
ジンベイザメをゆっくり見ながら写真を撮ろうと過ごしていたら
あっというまにジンベイザメゾーンで一時間経っていました。
それくらい魅力のあるスポットです。

IMG_4023


基本的に混雑していますが、撮影のポイントとしては、
一度ジンベイザメの水槽を一周してみて、
お気に入りのアングルを見つけるというのがいいと思います。
念願のジンベイに会えて感動のあまり、後から考えると
そうでもないポジションで連写してバッテリーとメモリを
消費するのは避けたいものです。
まず一周してお気に入りのアングルを見つける、これが重要です。

それと人が多いので広めに収めようとすると
人も入ってしまいますが(このくらい大きい水槽も珍しく絵になるので、
ぜひ広めのアングルがおススメです。そしてジンベイの周りに
泳ぐ魚の配置は一期一会で、それも繰り返し撮りたくなる理由の一つでもあります)、
この水族館は水槽は程よく明るく、
見る側の照明はくらいので、
いい感じに人が黒くなります。
あえて観光客の姿を取り入れるのもいいかもしれません。

IMG_4024



ジンベイは周回で泳いでいて、大体1分30秒から2分の間で
目の前を通過します。

ちなみに水槽のガラスの厚みは
このくらいです。
2019-03-15


ちょっと前ですが、飛行機に乗りました。

JALの国内線(Jシート利用)です。
羽田空港利用。

IMG_3999


ここで気が付いたことをメモ的に残しておくのでご参考に。

飛行機の搭乗手続きはコードをかざすだけで、ほとんど会話をせずに完了できます。
次に機内に積み込む大きめの荷物を預けてから、
手荷物検査へ。

その前に、羽田空港はお弁当類やお菓子類が豊富ですし、
たいてい1~2時間前についていると思うので、
ここで時間をつぶすのもいいですね。
普通のお店では買えない美味しいものが
並んでいます。

機内持ち込みの荷物の大きさはこんな感じ。

IMG_4001


手荷物検査の時にカゴに入れるのは機械類と液体等。
ペットボトルは一本程度なら持ち込めたはず。
金属を使ったベルトもわりと引っかかります。

ここを無事に通過したら、
開けたロビーで搭乗の最終手続き(コードかざすだけ)
開始の呼び出しを待ちます。

今回は1000円くらいプラスすると
座れるJシートに乗ってみました。
座席はゆとりがあって、
座り心地もよくてかなり快適でした。
たぶん毎回これを使います笑

飛行機自体は揺れも少なく、
飛び立つまで15分くらいうろうろしますが、
あっという間に高度はあがり、
富士山頂をはるかに超えますが、
酸欠になることもなく、
ただただきれいな雲の世界に突入です。

IMG_4002


富士山発見

IMG_4003


↑一本500円くらいのトマトジュースの無料サービス

JALはWIFIが使えるとのことでしたが、
設定がわからず、結局ラインもできずに
3時間を機内で過ごしました
(当然YouTubeも見れません)。

窓際の席だったので、
インスタ映えする雲の写真を撮ったりしているうちに
目的地が見えてきました。

IMG_4004


さて、ここは一体どこでしょうか?

続く

2018-12-15